見どころ

2023年4月 東京丸の内・有楽町エリアで開催される「第31回日本医学会総会」は、明治35年からオリンピックのように4年に1回開催され、120年を迎えました。

この期間、一般の皆さまも病気や医療についてのさまざまな情報や、今気になる健康情報を楽しく学ぶことができる博覧会や市民向けセッションが開催されます。

本総会への参加登録をされた方や、現在ご登録を検討の皆様はもちろん、一般の皆さまにも楽しんでいただける様々な企画をご紹介します。

市民

総会参加者が興味を持たれる企画・イベント 総会参加者が興味を持たれる企画・イベント

一般の皆様が興味を持たれる企画・イベント 一般の皆様が興味を持たれる企画・イベント

南学正臣 学術委員長 ご挨拶

南学 正臣

学術委員会委員長の南学正臣と申します。
この度「見どころ 聞きどころ」が開設されましたので、学術講演や一般向けに企画している公開講座についてご紹介させて頂きます。
今回の第31回日本医学会総会のプログラムは、ノーベル賞受賞者をはじめとする方々の特別講演、会頭特別企画、そして次の5本の柱から構成されている学術講演から構成されています。
柱1.ビッグデータがもたらす医学・医療の変革
柱2.革新的医療技術の最前線
柱3.人生100年時代に向けた医学と医療
柱4.持続可能な新しい医療システムと人材育成
柱5.パンデミック・大災害に対抗するイノベーション立国による挑戦
更に、ダイバーシティ推進委員会・U40委員会企画もあります。
今最も関心の高いものや、幅広い年齢の方々が興味を持たれている内容を皆様で楽しみながら勉強していただけるように工夫をしています。
各企画の「聞きどころ」を担当の先生方がご紹介しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

東京国際フォーラム

東京国際フォーラム

© TOKYO INTERNATIONAL FORUM CO., LTD

■学術委員長 南学正臣
ノーベル賞受賞者やCOVID-19の専門家も登壇。特別講演、会頭特別企画にご期待ください!

■準備委員長 門脇 孝
市民公開講座「ここまでわかった!がんとゲノムの関係」2月4日(土)開催!

■学術副委員長 高柳 広
柱1: ビッグデータがもたらす医学・医療の変革

■学術副委員長 鄭 雄一
柱2:革新的医療技術の最前線

■学術副委員長 佐藤 伸一
柱3:人生100年時代に向けた医学と医療

■学術副委員長 康永 秀生
柱4:持続可能な新しい医療システムと人材育成

南学正臣

学術委員長 南学 正臣

東京大学大学院医学系研究科
腎臓・内分泌内科 教授

■ノーベル賞受賞者やCOVID-19の専門家も登壇。
特別講演、会頭特別企画にご期待ください!

総会参加者向け 総会参加者向け

市民向け 市民向け

第31回日本医学会総会では、ノーベル生理学・医学賞を受賞されている大隅先生、山中先生、新型コロナ対策の中心として活躍された尾身先生をはじめとする素晴らしい方々の特別講演を開催し、一般公開致します。また、ビッグデータによる医療・医学への影響、COVID-19、がん生物学、患者・市民参画、働き方改革、地域医療構想などを取り上げた会頭特別企画で、医学・医療の現況と将来展望について議論させて頂きます。COVID-19の会頭特別企画では、Anthony Fauci、Audrey Tang などにもご参加頂き、同時通訳も行う予定です。ふるってご参加下さい。

また、本総会では、市民向けセッションも多数行われます。
新型コロナウイルスや片頭痛といった身近な病気や、「ビッグデータ」「再生医療」など旬のトピック、その他、お口の健康、ダイエットなど、皆さんの「知りたい」がテーマになったセッションを集めました。「学術プログラム」と、より身近な話題にフォーカスした「市民向けセッション」がございます。エキスパートの先生方のお話を聞くことができるまたとない機会です。是非とも、ご参加ください。

市民

門脇 孝

準備委員長 門脇 孝

国家公務員共済組合連合会
虎の門病院院長
東京大学名誉教授

■市民公開講座「ここまでわかった!がんとゲノムの関係」2月4日(土)開催!

市民向け 市民向け

今や日本人の2人に1人が、がんにかかると言われています。この市民公開講座では、がんとゲノムについて、予防と治療そして今後の展望まで、専門家が最新情報をわかりやすくお伝えします。第31回日本医学会総会に先立ち2023年2月4日(土)14時より「よみうり大手町ホール」で開催。パネリストには女優の仁科亜季子さんをお迎えします。会場に加えて、オンラインでもご参加いただけます。ぜひお気軽にご参加をお待ちしています!
(詳細、申込みはこちら からご確認ください。)

仁科 亜季子

講演者 仁科 亜季子

女優

会場:よみうり大手町ホール

会場:よみうり大手町ホール

市民公開講座の詳細はコチラ

高柳 広

学術副委員長 高柳 広

東京大学大学院医学系研究科
免疫学教授

■柱1: ビッグデータがもたらす医学・医療の変革

総会参加者向け 総会参加者向け

IoT、AIに代表される第4次産業革命の波は医学・医療分野にも押し寄せ、新時代の医学・医療の駆動力として期待が高まるばかりです。基礎科学分野においても近年の技術革新は目覚ましく、遺伝子、分子、細胞に関する様々な次元の情報を網羅的に取得できる時代が訪れています。柱1では、シングルセル解析技術、高解像度イメージング技術、多要素のビッグデータを操るAI(人工知能)分析技術など、ビッグデータ情報を取得し解析する世界最先端技術を紹介するセッションを用意しており、大きな見どころの一つです。またウェアラブルデバイスや家庭内診断用センサーの進歩も注目すべき点で、リアルワールドデータを用いた臨床研究に関するセッションも設けています。こうしたビッグデータに立脚したサイエンスは今後の医学・医療の礎になると考えられます。もう一つの見どころは、ビッグデータの医療・福祉への貢献に関してです。ビッグデータ分析から得られた知見は診断・予測・治療技術の開発に役立てられる他、診療支援や看護など臨床現場での利活用が期待されています。まさにSociety 5.0における近未来の医学・医療・福祉に期待が膨らむようなセッションが目白推しです。

鄭 雄一

学術副委員長 鄭 雄一

東京大学大学院医学系研究科
疾患生命工学センター
臨床医工学部門 教授

■柱2:革新的医療技術の最前線

総会参加者向け 総会参加者向け

柱2の重点は、医工連携を代表とする、医学と最先端技術の融合が拓く、未来医療の可能性にあります。その際の注目ポイントは、急速に進行する少子高齢化を踏まえた未来ビジョン「自分の健康は自分で守る」をどう実現するかです。この未来ビジョンに従って、個人が自らの健康状態を把握して自分ごと化し、入院や通院を減らして、健康で家庭で過ごす時間を増やすことに資する医療技術や、医療従事者をアシストして労働生産性を増やし、過重労働や人手不足を解消する医療技術を発表していただく予定です。これまで、医療分野でしばしば取られてきた、人海戦術的アプローチには持続可能性が無く、また、一つの技術だけでは解決できず、システム化が必要で、究極的には、広い意味での遠隔医療に統合されていくと考えており、ここも大きな見どころ、聞きどころです。

佐藤 伸一

学術副委員長 佐藤 伸一

東京大学大学院医学系研究科
皮膚科学 教授

■柱3:人生100年時代に向けた医学と医療

総会参加者向け 総会参加者向け

「人生100年時代」を迎え、健康寿命延伸の実現に向けて積極的な取り組みが進められています。まず老化とは何かという問いについて、老化の本態に迫るセッションが最初の聞きどころとなります。次に生活習慣病などの発症予防・重症化予防も重要な取り組みであり、生活習慣病のprecision medicine、認知症診療についてのセッションが設けられ、併せて生活習慣の改善についても、行動変容による疾病予防が話題として取り上げられ聞きどころの一つです。社会生活機能の維持・向上は健康寿命延伸に必須な要素ですが、フレイル・ロコモ対策についてのセッションで理解が深められます。最後に、社会環境の改善というアプローチとして、在宅医療・介護の制度改革についてのセッションが設けられています。このように健康寿命の延伸・健康格差の縮小を理解するための聞きどころが満載であり、これからの健康寿命のあり方について理解を深めることができるものと確信しております。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

康永 秀生

学術副委員長 康永 秀生

東京大学大学院医学系研究科
公共健康医学専攻
臨床疫学・経済学教授

■柱4:持続可能な新しい医療システムと人材育成

総会参加者向け 総会参加者向け

柱4のキーワードは「持続可能性」と「人材育成」です。わが国の保健医療介護システムは、超高齢社会、人口減少、経済不況などに直面し、持続可能性の危機に瀕しています。世界的には、貧困、飢餓、健康格差、教育格差、ジェンダー不平等、環境破壊などの困難な問題が山積しています。柱4の見どころの一つとして、わが国の医療・介護の経済・財政的課題の改善に向けての議論を展開するセッションがあります。もうひとつの見どころは、持続可能な開発目標(SDGs)とグローバル・ヘルス、というセッションです。医療や公衆衛生に関わるすべての方々が、グローバルな視点からの問題解決の糸口を見出す一助になればと思います。他にも、医療人の教育や働き方改革、医工連携・融合に向けた教育改革、臨床・研究におけるELSI、安全への先行的アプローチなど、各課題の持続可能性と人材育成に関連するセッションが目白押しです。

青木茂樹 展示委員長 ご挨拶

青木茂樹

展示委員長青木茂樹と申します。
この度「見どころ 聞きどころ」を開設し博覧会のことをご紹介していきます。
よろしくお願いいたします。
今回の第31回日本医学会総会の展示・博覧会の大きな特徴は

☆ 会場 学術講演会が行われる大手町、丸の内で開催されとても便利な場所にあること

☆ 内容 ◎医学、健康に関する専門的なことを理解しやすいように展示してあり、例えばゲノム
 のことやCOVID19(新型コロナウイルス)などもわかりやすく説明してあること。
◎ご家族で来場していただけるよう、幅広い年齢層を対象にしており、特に子ども企画
 を充実させいること。

☆ 期間 23年4月15日から23日までですが、夜は20時までオープンしているなど見学しやすくしてあること。

等です。
今最も関心の高いものや、幅広い年齢の方々が興味を持たれている内容を皆さんで楽しみながら勉強していただけるように工夫をしています。
各エリアの「見どころ」を担当の先生方がご紹介します。
ご期待ください。

■展示委員 石黒 精
こどもたちと学ぶ なるほど!医学体験
外科手術史上最年少の誕生か?
実際の医療の場で使われている道具、機器でドキドキの医療体験を。

■展示委員 綿田 裕孝
「暮らしから健康を考える セルフケアスタジオ」の魅力、体験ポイント
大事なのは運動と食事、そしてそのバランス。医者にかからずに健康でいるためのセルフケア。
医者の一番のおススメは、医者いらずの暮らし。自分に最適なセルフケアで“ちょうどよく”することが“ちょうどいい”。
簡単セルフチェック、楽しくケア。

■展示委員 田村 直人
健康を支える社会につながるコミュニティクリニック
DXで進む「かかりつけ医」。私のための医療、みんなのための地域医療を体験!

■展示委員 阿部 修
「次世代スマートホスピタル202X」の魅力、体験ポイント
誰もが「期待」する診察や医療が「現実」に。
劇的に変わりゆく医療技術、医療システムの未来。
202X年の医療の最先端を博覧会で体験!

石黒 精

展示委員 石黒 精

国立成育医療研究センター
センター長

■こどもたちと学ぶ なるほど!医学体験
外科手術史上最年少の誕生か?
実際の医療の場で使われている道具、機器でドキドキの医療体験を。

市民向け 市民向け

会場では、医療の現場で実際に使われている道具や機材・機器を使って、さまざまな医療行為を実際に体験できます。外科手術、心肺蘇生(人工呼吸と心臓マッサージ)、超音波画像(エコー)、筋電義手(頭で考えるように動く人工の手)、自動運転する車いすに乗ってみる、問診(医療面接)、看護など、他ではできない新しい体験ばかりです。医学や医療技術の進歩を体験することによって、こどもたちにとっては、きっと初めての、そして長く記憶に残る楽しい体験になるはずです。
どんなに医学や医療が進んでも、また、日本がこんなに便利で豊かになっても、健康を保つための基本は変わりません。朝は早く起きて朝日を浴びて、朝食を必ず食べ、昼間は活動的に動き、夜は早く寝ることです。このようなあたりまえの「暮らし方」が、きちんとできた上で、さまざまな学びやドキドキする体験をすると、身につくことも大きいでしょう。
医療の場を実際に体験することをきっかけに、医学・医療をもっと身近に感じてもらいたいと思います。そして、医学や医療に興味がわいて、こどもたちが飛躍(飛び上がるように急に進歩)するバネになってくれればと願います。気軽に、そして純粋に「医学を楽しんで」ください。

(プログラムは事前申込。無料)

セルフケアスタジオ

なるほど!医学体験

綿田 裕孝

展示委員 綿田 裕孝

順天堂大学大学院医学研究科
代謝内分泌内科学教授

■「暮らしから健康を考える セルフケアスタジオ」の魅力、体験ポイント
大事なのは運動と食事、そしてそのバランス。
医者にかからずに健康でいるためのセルフケア。
医者の一番のおススメは、医者いらずの暮らし。
自分に最適なセルフケアで“ちょうどよく”することが“ちょうどいい”。
簡単セルフチェック、楽しくケア。

市民向け 市民向け

テレワークや三密を排除した行動自省など、ライフスタイルは大きく変わりました。2025年以降は団塊世代が75才をむかえ、高齢化社会も進みます。社会構造が変わりつつある今、健康を自分でケアすることがますます重要になります。食事も運動もバランスをとることが一番のポイントです。医者がいらない=健康に暮らすこと、とは、このバランスをとる“モノ”と、その“とり方”を知って習慣化すること。例えば今日、カロリーを摂り過ぎたら、明日控えて調整する、または運動して消費する。大事なのは、その調整するための知識と行動と、これを継続することです。
セルフケアスタジオでは、子どもや成人、シニアにいたるそれぞれのための、医者いらずに過ごすための最新メソッド、習慣化プログラムを体験できます。最新の医学、医療技術に基づき、暮らしを起点とした「医学・医療を必要としない健康」を目指すための、簡単で楽しく、今すぐ始められ長く続けられる「健康のためのバランス」を整えるための数多くのプログラムがあります。ひとつでも少しでも、暮らしに取り入れてみてください。

綿田先生のコラム

田村 直人

展示委員 田村 直人

順天堂大学医学部膠原病内科
教授

■健康を支える社会につながるコミュニティクリニック
DXで進む「かかりつけ医」。私のための医療、みんなのための
地域医療を体験!

市民向け 市民向け

日本においては、平均寿命と健康寿命の差は約10年。訪問診療や在宅診療においても、ICTやスマートデバイス、PHR(パーソナルヘルスレコード)などによる診療、診断の普及が期待されています。このような“健康で暮らすための環境”はさらに進んでいくと考えられますが、一番大切なのは、自分で自分の健康を気づかい、健康のために行動すること。ますます広がる「私を知ってくれている医療、診察環境」、いわば「かかりつけ医のような存在」の充実とともに、ご自身の健康管理についても、改めて考えるきっかけにしてもらえればと考えております。

博覧会場に設けられる「コミュニティクリニック」では、ご自身で行う、パーソナルヘルスレコードなどの健康管理とその情報の見方や使い方、オンライン診療などのホームドクター、それらを支える住宅「スマートハウス」や地域をつなぐICT・ネットワークなど、私たちの周囲と社会全体の未来を体験することができます。また、ご自身やご家族がご自宅で診療や介護を受けることになったときに、地域のケアシステムはどのようになっているのか、よくわかる展示も準備しています。

「地域包括ケア」「ホームドクター」などますます充実していくこれからの地域医療をぜひ体験してください!

コミュニティクリニック

田村先生のコラム

田村先生のコラム

阿部 修

展示委員 阿部 修

東京大学大学院医学系研究科
生体物理医学専攻
放射線医学講座 教授

■「次世代スマートホスピタル202X」の魅力、体験ポイント
誰もが「期待」する診察や医療が「現実」に。
劇的に変わりゆく医療技術、医療システムの未来。
202X年の医療の最先端を博覧会で体験!

市民向け 市民向け

先端技術や先端医療というものは、ドラマや新聞では見かけるものの、その実態はなかなか理解が進まないのではないでしょうか。またビッグデータ、AIなどがどのようにご自身の健康や治療に関わるものなのか、つかみづらい点も多々あることと思います。しかし、医療の現場ではすでにこれらの最先端技術の導入が進んでおり、実際に受診、診察治療を受けられるようになってきています。
博覧会では、ロボット技術を活用した遠隔手術「サージカルロボットシステムhinotori(TM)」のデモンストレーションや、医療で実際に行われている内視鏡などの医療技術の紹介、普段は触れることのない医療機器、さらに超音波診断体験など、最先端の医療を体験することができる「次世代スマートホスピタル202X」を開催します。最先端技術のデモンストレーションや、実際に体験することで、健康や医療について、考えてみるきっかけになればと考えています。ぜひご家族そろってご来場ください。

スマートホスピタル202X

サージカルロボットhinotori™

サージカルロボットシステムhinotori™

ページトップページトップ